システム特長

システム特長

 i-MEDIC電子カルテシステムは、初期設計の段階から系列複数施設運用を考慮して設計及び開発を実施しております。
 従って、簡単な操作で医療機関の切替を可能とし、今後の地域連携の観点から将来必要となる、併設老健施設、在宅系サービスとの診療連携を実現可能なシステムとなっております。

 また、電子カルテシステム一体型の部門システムをラインナップしており、貴院のシステム導入範囲にあわせたシステム構築が可能です。各部門での入力作業を軽減するため、部門システム間で共通利用可能なデータは、システムを超えて発生源のデータを利用することで、部門での登録作業を軽減しております。

 医師の入力業務の負担軽減のため、テンプレート画面を準備し選択方式でのカルテ記載や、ペンタブレット、音声入力等の多彩な入力方法をサポートしております。
 また、チーム医療を推進する上で、貴院の診療録管理規定にあわせて、職員様毎に権限(カルテ記載可、参照のみ等)を付与することで、診療録の真正性を担保し、診療情報の共有化を実現しております。

 多様化するシステムを管理する上で、施設毎にシステム管理者を置く必要が無く、マスタ管理やシステム管理作業は、主要医療機関で管理可能であり管理作業面での負担も軽減しております。




ページの先頭へ