透析管理システム(DiMs)

透析管理システム(DiMs)

透析管理システム DiMs

電子カルテ・オーダリングシステムと連動した透析管理システムです。
ベッド管理やカーデックスイメージでの経過記録といった透析管理と合わせて、本格的なオーダリング機能が画面を切り替えるだけで使用できます。


透析基本情報

患者様の基本情報(個人情報、家族情報、透析条件、透析情報、透析利用履歴)を登録、照会管理できます。


透析カルテ

本格的なオーダリング・電子カルテ機能を同一システム内でお使いいただけます。


透析条件

従来手書きで対応していた、条件表を電子化しカルテから指示、観覧が可能です。
曜日ごとにエリスロポエチン、注射、投薬の登録を行い、ベッドサイドからの指示も簡単です。


透析スケジュール

透析室ベッドレイアウトを貴院向けにカスタマイズし、空き状況をリアルタイムで確認しながら簡単に透析ベッドのスケジュール登録が可能です。


透析室ベッドの印刷は勿論、透析条件を元に当日患者様が使用するダイアライザ、抗凝固剤一覧のCSV出力が可能です。


透析患者様のルーチンオーダーは、患者様のカルテを開いて登録を行う必要がなく、曜日ごとに一括で指示を行うことが可能です。


インターフェース連携

既に導入されている、透析通信システムとの連携を可能とすることで、医師、看護師の業務切り分けを行い、運用をスムーズに構築いたします。


透析経過記録

カーデックスイメージの画面なので、操作がイメージしやすく、マニュアルに頼らなくても、すぐにご利用いただけます。
入院患者様のバイタル・経過記録の内容は、病棟と情報が共有されます。




ページの先頭へ