要介護者台帳

要介護者台帳

グループウェア機能

掲示版、メール、伝言メモ、稼働状況の4つの機能で法人内でのスムーズな情報伝達・共有を実現する機能を標準搭載しています。


要介護者台帳

ご利用者様の基本情報の管理を行ないます。

※ID連携機能により、医事会計システムにて入力された基本情報の取得が可能です。


生活歴

ご利用者様の生活暦、年表を登録することが可能となりました。
病歴のみではなく、学歴や職歴などの情報を生涯年表として確認可能です。


プロフィール機能

施設独自に作成した帳票もプロフィール画面設定機能で画面を作成しシステム上で管理することが可能です。
印刷を行なう場合は、Microsoft EXCEL(又はOpenOffice)にて、印刷帳票を作成し印刷することも可能です。


家族図・見取り図

書きにくい家族図、見取り図を、シェーマの機能を用いて、簡単に作成しデータ保存することが可能です。


相談記録

仮ID発行から運用IDへの変換は確定ボタン押すだけで要介護者台帳へ登録できます。


相談記録 (文書管理)

ご利用者様の診療過程で発生した紙文書もスキャナで取り込んでシステムで一括管理。
QRコードによる文書の整理、振り分け取込機能を活用して、より簡単に、より効率的にペーパーレス化へのお手伝いをさせていただきます。
また、診療録より取り込んだ書類はマウスクリックで表示可能となります。




ページの先頭へ