会社概要・沿革

TOP会社概要・沿革

会社概要

会社名 株式会社レゾナ
設立 1998年(平成10年)9月1日
資本金 50,000,000円
事業内容 医療・介護ICTシステム開発
病院・福祉・介護施設/地方自治体その他公益法人向け
病院・介護における情報ネットワーク基盤の構築・運用
医療・介護におけるICTシステム保守・運用サポート
ヘルスケアICTモデル企画・コンサルティング
従業員数 44名(2023年4月1日現在)
役員 代表取締役社長 大川 政利
専務取締役   岡本 尚
取 締 役   水澤 孝志
取 締 役   鷲山 博史
監 査 役   牧 弘尚
相 談 役   種村 良平
主要株主 株式会社コア http://www.core.co.jp/
主要取引銀行 みずほ銀行 世田谷支店
群馬銀行 伊勢崎西支店
加盟団体 一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)会員
 公益社団法人 全国老人保健施設協会 会員
 日本慢性期医療協会 賛助会員
 日医標準レセプトAPI協議会 会員
 SS-MIX普及推進コンソーシアム
 全国訪問看護事業協会 賛助会員
各種認定・資格 プライバシーマーク(一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)

沿革

1998年6月 群馬県伊勢崎市にて創業
9月 株式会社レゾナを資本金1,000万円にて設立
1999年4月 社会福祉法人向け施設管理・栄養管理・財務会計システム製品化
2000年4月 介護事業体支援システム「やすらぎ」製品化
2001年4月 健診システム「健太くん」製品化
ケアプラン作成支援システム「ぱーとなぁ」製品化
2004年8月 DPCコーディングシステム「i-MEDIC DPC」製品化
2005年2月 リハビリ部門システム「REHA-MAX」製品化(医療版・介護版)
2006年1月 東京支社開設
4月 介護事業体支援システム「i-MEDIC(介護版)」製品化
2007年4月 栄養管理システム「栄養ケアマネジメント(介護版)」製品化
2009年4月 透析管理システム「i-MEDIC DiMs」製品化
2011年9月 総合介護支援システム「i-MEDIC2」製品化
2012年4月 社会福祉法人向け施設管理・栄養管理・財務会計システム製品化
2012年4月 社会福祉法人向け施設管理・栄養管理・財務会計システム製品化
9月 新全老健版ケアマネジメント方式「R4システム」に完全対応
(公益社団法人全国老人保健施設協会認証取得第1号)
2013年4月 西日本支社大阪オフィス 開設
6月 札幌営業所・福岡営業所開設
7月 東京支社を品川区に移転および東京本社に改組
2014年4月 総合介護支援システム「i-MEDIC Plus」クラウド対応版製品化
2015年6月 新DPCコーディングシステム「DPC-Evolution」製品化
2016年11月 コアグループヘ参画
2017年2月 東京本社を三軒茶屋コア第2ビルに移転
2017年10月 総合介護支援システム「i-MEDIC Plus」の居宅ケアプラン機能をリニューアル
2018年4月 電子カルテ「i-MEDIC」クラウド対応版製品化
2019年12月 AI技術開発センター古河オフィス開設
2020年4月 総合介護支援システム「i-MEDIC Plus」の医療訪問看護機能をリニューアル
2020年7月 山陰技術センター開設
2020年7月 高齢者薬剤管理システム「楽くすり(RA-KUSURI)」製品化
2021年4月 「i-MEDIC Plus++」製品化
2023年7月 「ケアプランデータ連携システム」に対応(公益社団法人 国民健康保険中央会のベンダ試験に合格)
2023年8月 「オンライン資格確認」「電子処方箋」に対応

関連会社

Join us!

「医療・介護・福祉」×「ICT」。
私たちレゾナは新しい時代のスタンダードを
開発しています。
志のあるエンジニアの方、
私たちと共にやさしい世界を実現しましょう。

エンジニア募集