i-MEDIC Plus 介護

新全老健版ケアマネジメント方式クラウド版 i-MEDIC Plus R4システム電子化シート

在宅復帰率アップを目指すなら クラウド版R4システム電子化シートがオススメです!

  • A2

    A2

  • ICFビュー

    ICFビュー

  • パッケージソフトなのでこれひとつで始められます!
  • 利用者一覧

    利用者一覧

全国老人保健施設協会認定 クラウド型R4システム電子化シート3つの特長

  • 1

    全老健協会のダウンロード版電子化シートのバージョンアップ製品です。
  • 2

    操作方法は刷新され、更に使いやすくなりました!
    ICFビューは、利用者様の状態変化が一目でわかります!印刷も可能
  • 3

    クラウド版だから、パソコンとインターネット環境があればすぐに始められます!

R4システム(新全老健版ケアマネジメント方式)とは

R4システムは、在宅復帰という老健の原点に立ち返り、利用者のアセスメントからケアプラン(Plan)、ケア実績(Do)、評価(See)の構築に主眼を置き、チーム介護を効率よく実践できる大変優れたシステムです。

利用申し込みから在宅復帰まで

R4システム(新全老健版ケアマネジメント方式~R4システム~)の特徴

  • ■4段階のアセスメント(①ニーズ ②適性 ③生活機能(ICF) ④専門職(チーム))により、
    利用者の状態を的確かつ段階的に把握できる。
  • ■アセスメント結果を1シートに集約。全体像が見えるとともに利用者にもわかりやすい。
  • ■各職種の役割を明確にし、各職種で発生した情報を一元化することで、
    「点(個人・職種)から線(チーム)」へのアプローチが可能。
  • ■面倒な手書き・紙ベースの業務効率を改善し、情報共有による
    「インテーク時からの多職種協働・チームワーク」をアシスト。

推奨スペック

  • ・Microsoft® Windows7®以上
  • ・Intel ®CORE™i3プロセッサー相当
  • ・8GB以上
  • ・30GB程度

価格

クラウド版R4システム電子化シート 544,000円(税抜)〜 ※2年目以降クラウド使用料24,000円(税抜)、が必要となります
料金構成
ソフトウェア価格 クラウド版R4システム電子化シート 400,000円
1クライアント追加に付き 50,000円
クラウド側設定費 初期設定(1クライアント)※1 120,000円
2クライアント以降 30,000円
クラウド使用料 年間使用料 24,000円/1年
ウイルス対策ソフト 年間使用料※2 6,000円/1年
オプション 項目の訪問作業(端末設定および操作説明) 60,000円(経費別途)
  • ※1クラウド設定、ライセンス認証設定、操作説明書送付
  • ※2次年度の更新費用が必要となります。
  • *パソコンやインターネット接続に必要な機器は含まれておりません。
  • *インターネットへの接続環境が必要となります。
  • *端末台数により都度御見積いたします。
  • *お問合せいただき台数をご確認させていただき御見積をご提示いたします。

お問い合わせ

東京本社
TEL.03-6805-2855


ページの先頭へ