沿革                 

 

昭和62年12月22日、群馬県のほぼ中央の平野部に位置する佐波郡東村(現伊勢崎市)に精神科の医師である院長の大沢誠とスタッフ4名により、廃業した診療所を借り受け、精神科・内科を標榜して大井戸診療所がスタートしました。平成3年に医療法人格を取得し、医療法人あづま会大井戸診療所として隣地に新築移転。同時に重度痴呆患者デイケアを開始しました(後に通所リハビリテーション定員30名に変更)。

平成6年に訪問看護ステーションおおいど、平成8年に東村在宅介護支援センターおおいど(現在は高齢者地域支援センターおおいど)、平成11年にケアプランセンターおおいどを開設。平成14年4月には、認知症対応型共同生活介護のグループホームおおいど(定員9名)とデイサービスセンターおおいど(通所介護、定員25名)を開設。一貫して、認知症患者を主体とした在宅医療に取り組んできています。在宅医療を推進するため、あえて開設から現在に至るまで病床は持っていません。そのためには、各医療福祉保健施設との連携は欠かせず、下記施設と強固な連携を保っています。


連携機関

  1. 社団法人・伊勢崎佐波医師会病院(250床、内科・循環器科・外科・脳外科・放射線科・ICU等、オープンシステム、CT・MRIあり)
      :在宅総合診療における24時間連携医療機関
  2. 医療法人・笛木外科胃腸科(19床、医療保険及び介護保険対応の療養型病床、セミオープンシステム)
      :在宅総合診療における24時間連携医療機関
  3. 介護老人福祉施設・いこいの里(定員70名):院長が嘱託医
  4. 介護老人福祉施設・ゆたか(定員70名):院長が嘱託医
  5. 介護老人福祉施設・ことぶきの郷(定員70名):院長が嘱託医
  6. 介護老人保健施設・アルボース(定員100名)

 


最終更新日 : 2007/09/18.